社会福祉援助技術現場実習


実習内容 主に社会福祉士養成を目的とする実習です
原則として連続24日間実習とします
対象者 福祉系4年制大学、社会福祉士養成施設で学んでいる学生が対象です
申込み方法 学生が所属する大学及び施設から受け付けています
学生個人からの申込みは受け付けておりません
実習までの流れ
前年度から 大学及び施設からの依頼を受付
実習1ヶ月前 事前オリエンテーションの実施、実習プログラムの作成
実習期間(主な実習) ・社協概要、施設訪問
・地域福祉権利擁護事業での同行訪問
・手話通訳事業での同行訪問
・地域福祉行事・ボランティア行事への参加実習
・ボランティア事業での同行訪問

・子育て・高齢者サロンでの見学体験
・心配ごと相談所、電話訪問相談事業での相談援助実習
・訪問介護事業・居宅介護事業での同行訪問
・通所介護事業デイサービスセンターでの介助実習
・心身障害者デイサービスセンターでの介助実習
・福祉作業所での指導員実習

・老人福祉センターでの業務実習
・学童クラブでの指導員実習
実習後 事後面接の実施、評価
その他 各施設・所属への公共交通機関の便により、自家用車での通勤が望まれます
実習指導者 総務課 主任 石原清智
(平成18年度厚生労働省社会福祉士養成実習指導者特別研修会修了;No.27)
宮城福祉作業所での実習風景 粕川学童クラブでの実習風景
宮城作業所での実習風景
通所者と一緒に農作業を体験しました
粕川学童クラブでの実習風景
子ども達と壁面画を作りました

トップページへ

           copyright 2006 前橋市社会福祉協議会  All Rights Reserved